家族で楽しめる沖縄旅行のススメ!楽しい思い出作りをどうぞ!

- 家族なら絶対に忘れてはいけない保険の問題

家族なら絶対に忘れてはいけない保険の問題

旅行の保険となると、もしもの時の保険証の所持なども必要ですが、アクティビティのときに発生する不慮の事故、レンタカーを借りた際の保険や保証も頭のなかに入れておかないいけません。できれば遭いたくはありませんが、もしものときのために必ず加入しておくべき保険です。

ダイビングやシュノーケリングをする場合

賠償と障害の保険が加入しているのかをしっかりと確認しておきましょう。沖縄でダイビングやシュノーケリングは大変人気があるアクティビティになっており、経験豊富なガイドの誘導によって安全にツアーを楽しめる環境になっていますが、時に自然は予期せぬ顔を見せることがあります。

ガイドが危険と判断できなかったケースで不慮の事故が起きることもあり得ますので、必ずツアーの予約をする前に賠償と障害の保険をチェックしておきましょう。

組合で加入義務があるところがほとんど

ただしツアーを計画している組合で保険の加入義務がされていますので、ほとんどがツアー料金に含まれていることが多いです。別途保険加入で請求されることの方が少ないと言えます。それでも安心せず、必ず信頼できるツアーに参加するようにしましょう。もしものときのためです。家族旅行であれば、なおさら万全を期しておきましょう。

レンタカーの2つの保険

沖縄には公共の交通手段が少ないことから、レンタカーで移動する方が良いです。家族旅行になれば、なおさらこちらの方が便利になるでしょう。レンタカーにも保険と補償を付けることをおすすめします。まず2つの保険は必ずチェックしておきましょう。

ひとつは免責保障制度です。事故が起きて利用者が支払わないといけない金額を免責する制度になっています。あとはノンオペレーションチャージです。事故が起きるとそれを修理に出さないといけなくなり、レンタカー会社の営業損失になります。その負担を免除するのがノンオペレーションチャージです。

制限がある

免許を取って半年以上経過していないといけない、もしくは車種によってノンオペレーションチャージの条件が異なるなど、レンタカー会社によって違いがあります。航空チケットとホテルと同じように、レンタカーも予約をすることになるでしょうが、よくチェックしてから予約を入れてください。

もしものときに安心

楽しい沖縄で事故が起き、その後の対応も不満が募るようなであれば、最悪の旅行になってしまいます。もしものためになりますので、もったいないと考えず必ず加入をしておきましょう。

関連記事: